スキップしてメイン コンテンツに移動

6-11「レクイエム(エキストラ2)」スティーブン・キングの小説より

スティーブン・キング原作の「Mist」を題材にした11曲目。「レクイエム」と題されたこの曲は、タイトルの通り死者への「鎮魂歌」である。当初、こういったアレンジの曲は必要ないだろう~と思ったのだが、コーラスをメインにして1曲作ってみた。

もちろん、音楽はメインテーマのモチーフから作られている。現代音楽風のアレンジも考えられるが、オーソドックスなものした。もともとメロディ自体がある種の不安感を表出するものなので、意外にこういった編曲はそんなに難しいものではなかった。

ただ、スコア上では15分ほどのかなり長い曲になるので、UPしたものは原曲の短縮版である。故に中盤の展開部はやや尻切れトンボになっている感も否めない。5分ほどに短縮するためにはしょうがない措置と思っていただければ、と思う。



もう少しリズム的なものも欲しいかなとは思う。しかし、出だしの雰囲気を変えずに~という考えもあった・・・。基本的に3声部のコーラス・アレンジ。補強程度に弦楽器と木管楽器が入っているだけだ。DTMでの諸々の音処理よりも、スコア上でいかに音楽を完成させるか、ここを大切に作った曲ではある。


「Mist」における学習はこれで終了だ。少し、冷却期間を置いて新たな作品に取り組みたいと思う。


作曲ランキング

コメント

このブログの人気の投稿

5-15オリジナル曲「CONGO」(マイケル・クライトンの小説が題材)のダウンロード

マイケル・クライトンの「失われた黄金都市(CONGO)」を題材に作った14曲のダウンロードができるようにしました。ただし、すべての曲が1:00という短縮ヴァージョンです。私も一応DTMを教える者。一生懸命オリジナル曲を作ろうと頑張っているアマチュアの方々の参考になれば~という思いからですよ^^

あなたはYoutubeの動画のダウンロード方法を知っていると思います。

プロの方々が私の曲に興味を持つとは到底思えませんのでプロの方々は除外。アマチュア如きの曲を参考にするプロなどいないでしょう!また、ダウンロードしたこの作品を「これは私が作った!」などとWebにUPするようなおバカさんも除外!こんな人はいないとは思いますけど^^

参考程度に聞くならMp3で必要かつ十分ですよね!?また、私は極端に音圧を上げていません。


1.メイン・テーマ(骨の地) 2.エイミー 3.エイミーの悪夢 4.国境を越えて 5.ジャングル全景1 6.ムケンコ山へ 7.エイミーの戻る場所 8.失われた都ジンジ 9.襲撃1 10.襲撃2 11.犠牲者 12.ジャングル全景2 13.お前たちを見ているぞ! 14.さようならエイミー
全曲(完全版)を入手ご希望の方は、一応メールで私に相談してください。ある程度のマスタリングをしたものをCDにてお裾分け(代金は頂きますが^^)したいとは考えています。ダウンロードできる今回の音楽は完成品ではありません。たとえは少々悪いけど、単なるプレゼン用みたいなもの。

*ダウンロードした方は私に一言感想などをくださると非常に嬉しいのですが、そこまで強制はしません。
-----------------------------------------------------
最後に約束事を・・・
「この音楽の著作権は東海月来が保有しています。DLした場合、無許可でのWebへの掲載はできません。また、作編曲を勉強している方々は、これらの曲のメロディなどの盗用は絶対避けてください(メロディをパクって曲をUPしてもすぐ分かりますので^^)。個人の楽しみとして聞くこと、およびアレンジの勉強などにご利用くださいませ。」
ごく当たり前のことですが、ちゃんと守ってくださいね。では!

作曲ランキング

5-3「エイミーの悪夢」マイケル・クライトンの小説より

マイケル・クライトンの小説「CONGO」を題材にしたシリーズの3曲目。「エイミーの悪夢」という曲。エイミーの心の奥底に根差した恐怖の象徴である失われた都ジンジ・・・。彼女は、その悪夢にうなされる。小説が題材ではあるが、映像的にそういったシーンを想定して作った。

曲は、メインテーマ曲である「骨の地」の中間部の音列を利用して新たな音楽にした。基本となるF音の前後で揺れ動くE音やF#音がストリングス、フレンチホルン、トロンボーン、バックのコーラスで用いられている。
(曲の中間部でメインテーマのメロディが出てくるのは私のちょっとした遊び心である^^)

そもそもメインテーマ曲を作る段階で「失われた都ジンジ」の核となる音や音列は意識していた。今回の曲はこれをさらに発展させたものでもある。前の記事でも書いたが、舞台はアフリカなので、常にそういった背景を音楽でも彷彿とさせねばならない・・・。



純粋に音楽のみにしか興味のない方には???な音楽だと思う。しかし、映画音楽においては様々な手法論があり、メインテーマのメロディ、モチーフ、音列を利用した挿入曲に関しては、様々な音楽家が手法を試みてきた。その最も優れた方がジェリー・ゴールドスミスである。


今回は、少しジェリー・ゴールドスミスについて語ってみようと思う。氏は2004年にお亡くなりになられているが、緊迫感のある映画音楽を書かせれば、いまだに氏を凌駕するような映画音楽家を私は知らない。加えて、氏はアメリカ映画界においても屈指のメロディメーカーでもある。映画で流れる氏の音楽に心を揺さぶられた方は本当に多いと思う。

もちろん、私もその一人だ。

参考サイト(ジェリー・ゴールドスミス)


単なる映像音楽(ゲーム音楽なども含む)と映画音楽は全く違う。映像系の音楽を学んでいる方は、どういう形でもいいから「映画音楽」を学ぶことを私はすすめる!

たとえ話をするが~「アクション系、サスペンス系の音楽を作ったので、そういった映像や映画に使ってください」という方がいるとする。しかし、映画音楽を学んでいくと、こういった方、こういった考えが非常に変であることに気づく。

つまり、バトルシーン対応の曲であろうが、サスペンスタッチの曲であろうが、それは常に対象となる「ある作品」のために書かれたものであることが絶対条件なのだ!何となくサスペンス風、バトルシーン風に書いた…

基本的なオーケストラサウンドを考える

DTMで自作曲を作っている方はたくさんいる。また、オーケストラ的サウンドに興味を持っている方もたくさんいるだろう。夏休み期間である今、私の知っているDTMにおけるオーケストラ的サウンドの指針とてもいうべきものを示してみたい。

1.オーケストラを構成している楽器を理解する

まずはここからだろう。

・ストリングス
 第一ヴァイオリン
 第二ヴァイオリン
 ビオラ
 テェロ
 コントラバス

・木管楽器群
 フルート
 ピッコロ
 オーボエ
 クラリネット
 ファゴット

・金管楽器群
 トランペット
 フレンチホルン
 トロンボーン
 チューバ

・打楽器群
 ティンパニ
 他の様々な打楽器

簡単に言うと上記のようになる。ここを踏まえた上で様々なオーケストラ音楽を聴くことが大切だ。古くはバッハ、ヘンデル、ハイドンなどの古典的なものからバルトークなどの近代的なものまで。できるのであれば、楽譜も入手されるといいだろう。比較的容易に手に入るものはたくさんあるはずだ。
2.DTMでの第一歩・その一
いきなりフルオーケストラ的なことはできないと思う。音楽はそんなに簡単なものではない!基本的なことからお話しするが、まず弦楽器群(ストリングス)を主体にした音楽、次にこれに木管楽器を加えたような音楽。金管楽器だけでの音楽、そして弦楽器、木管楽器、金管楽器すべてを使った音楽~ということになる。
この順序は人によりいろいろだが、オーケストラに関して初心者、あるいは初歩的なレベルにある方は、まず弦楽器から取り組んだほうが比較的オーケストラサウンドには入りやすい。実をいうと、私もそうだった。
*私は、ピアノ、サックス(ソプラノサックス)、フルート、ギター、ファゴットなどの楽器を嗜んでいる。もちろん一番しっくりくるのはピアノではあるが^^
各楽器の特性などは、曲を作りながら覚えていくしかない。もちろん、各楽器の音域、記譜に関すること(移調楽器はたくさんある)なども並行して覚えていくといいだろう。

*各楽器を構成する人数も大切だが、初歩的な段階でここまで気にする必要はないと思う。これは次の段階での話しになる。
3.DTMでの第一歩・その二
ダイナミックスや表情豊かな音楽はだれでも作りたいと思っている。しかし、DTMではそう簡単にはいかない。そのためには、強弱、クレッシェンド、デクレッシェンド、アテキュレーシ…